2019年 5月 21日 (火)

「相棒」3人組になって視聴率もパワーアップ!?秋ドラマトップの17・1%でスタート

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   さすがに右京さんももう引退だろいうと言われながら、今年もテレビ朝日系ドラマ「相棒」(水曜よる9時)が始まった。きのう17日(2018年10月)の第1話は、「特命係」に青木年男(浅利陽介)が左遷されてきて、杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)と3人態勢となった。青木は週刊誌の女性記者に暴力を振るったことのある問題児だ。

   第1話は拡大スペシャルで、視聴率は秋ドラマトップの17・1%とやはり高かった。

   それでなくても、警視庁の「問題児」の2人が机を並べているところに、もう一人加わったらどんな事件捜査になるのか。楽しみである。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中