2020年 11月 29日 (日)

「スマホをタッチするだけで大儲け」あやパンが誘い込むぽちぽちビジネス

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「スマホをタッチしただけで儲かる」「皿洗いの合間にスマホをタップするとお金が稼げる」

   こんな胡散臭い動画に主婦がだまされている。全国消費生活センターへの相談件数は4~9月末で90件にのぼっており、消費者庁は注意を呼び掛けている。

   スマホぽちぽちビジネスと呼ばれる商法で、画面左上に「株式会社Quest PR動画」、右上に「タップ イズ マネー 起案者加藤絢子」書かれ、女が「あやパンこと加藤絢子です」と名乗りながら登場する。スマホをいじり、「もうこんなに収入が得られています。ヤッター」と2万3620円と書かれた画面を見せる。

「1万8000円払い込めば5万円のキャッシュバック」

tv_20181024151322.jpg

   被害に遭った栃木県在住の50代の女性が語ったその手口とはこうだ。ネットに「稼ぎたい方必見!」と書かれたサイトがあり、「爆速即金GET アプリ特別配布!」「24時間限定の即金アプリを今すぐゲット!!」とあった。

   女性は「儲かるバイトというので、ごく軽い気持ち」で応募したが、どんなビジネスなのかまったく説明がなく、あやパン動画を見せられただけだった。おかしいと思った女性が電話で聞くと、「ビジネスに参加するには解説書を1万8000円で購入する必要がある。購入すれば5万円のキャッシュバックがある」と説明された。

   「高いなと思いながら」1万8000円払って購入した解説書には、中国の通販会社から安く購入した商品を日本の通販で高く売り、その差額が収入として得られるとあった。

   女性は、80万円払って2100万円の売り上げが見込めると謳うプランに応募したが、仕入れ方法など一切説明がなく10日後に解約した。

   これまでにこの商法に6000人が加入し、会社は6億4000万円を稼いだと見られている。

勧誘会社社長は開き直り「消費者のやり方が悪い」

   消費者庁が、この怪しい商法を勧誘しているQuestの社長に聴き取り調査をしたところ、誇大広告を認めた上で、「必ず儲かると思って商売をしている消費者のやり方が悪い。(ウチのビジネスを)使いこなせなかったのだ」と開き直ったという。「あやパンこと加藤絢子」も架空の人物だった。

   司会の国分太一「おいしい話はないと思った方がいいかも知れませんね」

   コメンテーターの三輪記子弁護士は「儲からないわけでもないという点がポイントで、詐欺として立件するのは難しい場合が多いと思います。ただ、詐欺でないとしても、虚偽広告や誇大広告から消費者の被害を防ぐ、特定商取引法で罰する方法はあります」という。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中