2019年 5月 25日 (土)

新宿歌舞伎町「ホストの帝王」愛田武さん死去!最後は介護施設で車イス生活

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   司会の小倉智昭も「一流企業の社長が亡くなっても、『トクダネ!』が伝えることはないんですが・・・」と言いながら取り上げた。東京・新宿歌舞伎町で「ホスト界の帝王」と言われた愛田武さんが、きのう25日(2018年10月)未明、介護施設でなくなったというのだ。78歳だった。

   ホストクラブ「愛」の経営者で、トレードマークは口ひげとメガネ。ロールスロイスで出勤し、一時は年商20億円と言われ、ポケットにはいつも100万円の札束を突っ込み、指輪も時計も宝石づくめで、命を狙われたなどの逸話にも事欠かない。

ヤクザ組長に「殺してみろ。命かけて店守る」みかじめ料払わず

   有名なのは、ヤクザの組長を撃退した一幕だ。愛田さんはみかじめ料を払わなかった。地元のヤクザへの用心棒代だ。ために、ヤクザに店を壊された。愛田さんはクラブに来た組長の前で、「店を守るためなら命をかける」とナイフを腹に突き立て、「殺してみろ」と迫った。組長は逃げ出したという。

   クラブ「愛」のホストからは多くのタレントがデビューし、愛田さんもテレビのバラエティに出て、豪快な笑いを振りまいた。タレントの1人、城咲仁は「あんな肝の据わった人は見たことがない。店と家族を守る人でもあった」と語った。

   プロレスのゴージャス松野を救ったのも愛田さんだった。松野は俳優の沢田亜矢子のマネージャーで夫だったが、離婚して困っていた時、「店へ来ないか」と声をかけた。プロレスへの転向発表もクラブでやった。

   昭和34年、新潟から上京して、フランスベッドの販売員として売りまくった。独立して事業を始めたが失敗。28歳の時にホストになった。ほとんど無一文だったが、すぐさまナンバーワンになった。31歳で独立してホストクラブ「愛」をオープンした。

3度目の脳梗塞で引退

tv_20181026121330.jpg

   別のクラブを経営する長男の愛田孝さん(53)は、「父は背も小さいですし、ずんぐりむっくりで、かっこいいタイプじゃない。だけど、なんか可愛らしい魅力があったんだと思います。あと、野心が人一倍強かった」と話す。

   2011年に3度目の脳梗塞で引退した。介護施設に入っていたが、晩年はアルツハイマー型認知症で車イス生活だったという。

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部部長)「アイホン(クラブ愛の本店)にもお邪魔したし、愛田社長とはマッサージ店が一緒だった。すごく優しい方で、私がお会いしたのは、もうひと仕事終えたような感じでした」

   小倉「豪傑だったと、よくわかりました」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中