2020年 11月 25日 (水)

安田純平さん これから心配なPTSD―専門家は「加害からの離脱後のほうが深刻」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   シリアの武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田純平さんが3年4カ月ぶりに解放され、昨夜25日(2018年10月)に帰国した。迎えた家族と再会し、母親が作ったおにぎりときんぷらごぼうを食べたという。

   会見した安田さんの妻・深結さんは「駆け寄って抱きついた。あったかいお風呂に入り、お布団で寝てほしい」と話し、「可能な限りの説明をする責任がある。折を見て会見する」という安田さんのメッセージを代読した。

「韓国人」と名乗らされた謎

tv_20181026143647.jpg

   いくつかの謎もわかってきた。7月に公開された動画で「韓国人のウマルです」と名乗った理由は、「日本人と名乗ると、監禁場所がバレる可能性があるので、実名を語ることを禁止され、韓国人だと名乗れと命じられた」と説明した。

   国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」の伊藤和子事務局長は、「思い出すことが大きな心的負担になります。PTSD(心的外傷後ストレス障害)は加害からの離脱後のほうが深刻」と話した。

   テレビ朝日解説委員の玉川徹は「背後に銃を持った人間が2人いて、言わされているのは明白。なのに"韓国人"だと話したことに反応した人たちは恥ずかしいと思うべきです」と話す。

   作家の吉永みち子「安田さんはジャーナリストなのだから、伝えるべきことは必ず伝えると思いますよ。体は元気そうに見えますが、3年4か月のストレスは計り知れない。体力・気力が回復するまでは、負担になることは避けてほしい」

   玉川は「安田さんが本を書いたら、『儲けやがって』という人が出てくると思うが、彼はプロなので、批判は当たらないと、今のうちに言っておきたい」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中