2019年 11月 22日 (金)

「沢田研二」70にして立つ!情熱の赤い旗掲げて頑張るって・・・さすが、期待させるねえ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

性的暴行で起訴の東大生、慶應大生「5年間は刑務所にぶち込んどけ」祖父も怒る無法ぶり

    東京大生と慶應大生が性的暴行容疑で逮捕されたと聞いても、驚く人はそうはいないだろう。この2人、大学生とは思えない、女性に対して悪質な人間のようである。東大生の稲井大輝被告(24)は"東大生ナンパ師"という肩書でテレビにも出ていたという。

   稼いでいるのか、実家からカネが出ているのかは知らないが、新宿のタワーマンションに住み、同じマンションに住む見知らぬ30代の女性を部屋に連れ込み、レイプしたというのである。

   片や慶應生・渡邉陽太容疑者(22)のほうも、資産100億円といわれる実家だそうで、カネにあかせて六本木などの会員制クラブで遊び、女を引っかけていた。横浜駅近くの雑居ビルに、これも面識のない酩酊状態の19歳の女性を連れ込み、レイプした挙句、腹を蹴るなどの暴行を働き、現行犯逮捕された。中高一貫校に進学したが、友人への乱暴で、親は3年間で30回も学校から呼び出されたそうだ。

   週刊文春の取材に応じた渡邉の祖父が、こういっている。「高校進学後、二ヵ月で退学になった。それからスイスに留学して女性問題を起こして追い出されて、ニュージーランドへ渡った」

   そして、「最低五年間は刑務所で"治療"してほしい。(被害女性と)示談交渉をして刑を軽くするなんていうことはあってはならない。あれは病気なんだ」

   頭が少しばかりよくても、人間的に最低な奴らだ。これからは大学受験の際、面接や心理テストを課すようにしたらいい。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中