2019年 5月 23日 (木)

ドラフト会議の建前と本音のズレが面白い。下位指名者の場面も映せ。そこにこそドラマがある
<プロ野球ドラフト 平成最後の瞬間生中継>(TBS系)

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   今年は高校生のスターが多く、競合必至と事前に喧伝されていた通り、12チーム中11チームが3選手に集まった。ビリチームの楽天が大阪桐蔭の藤原恭大、続く阪神もロッテも藤原恭大を1位指名。藤原が3チーム競合で初めての抽選。ロッテの井口監督が当たりを引いてガッツポーズしたが、アップされた藤原は憮然としていた。
   この後も4チームが競合した大阪桐蔭の根尾昂は中日の与田監督が引き当て、小園海斗(報徳学園)も4チーム競合で広島の緒方監督が引き当てた。面白かったのは、それぞれが高校生とはいえ、脚光を浴びている身で世慣れているので、顔の表情では「ははん、ちょっと不満だな」と読めるのに、皆が実にお利口さんの答え方をする。唯一、広島に決まった小園だけが満面の笑みで、答えと表情が一致していた。ロッテに当てられた藤原は千葉が不満足なのか。
   1巡目でどこからも指名されなかった金足農の吉田輝星は、素朴な田舎の子、明らかに不安そうで、外れ1位で日ハムが指名した時には、「あまり喜んじゃ心の中がバレる」とでもいうように、口元に薄笑いだけ浮かべて可愛かった。解説は東洋大OBの高橋昭雄と槙原寛己の2人。煩くなくてよかったのだが、1番の不満はCMが多すぎて、各球団の監督やGMたちが鳩首打ち合わせる表情などがほとんど映らず。2位以下の指名選手たちが端折られてしまったのもつまらない。7位ぐらいまで待つ選手にこそドラマがあるのに。(放送2018年10月25日16時50分~)

(黄蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中