2019年 5月 25日 (土)

またまた生放送の凡ミスをやらかしていた フジテレビにはもはや「生番組」を作る能力がないのでは? 〈めざましテレビ〉(フジテレビ系)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   朝の情報番組はどこも昨日のニュースのまとめとスポーツ・エンタメ芸能情報と似たようなものだ。見る方も、その日の天気と時刻がわかればいいやというようなところもあり、そんなに真剣に見ているわけではないが、生放送だからかミスが多くて困る。

   この日も朝、テレビをつけたら、なにやら軽部真一アナが歌舞伎俳優の名前のテロップが違っていたと謝っているところだった。昨日行われた京都南座新開場記念の歌舞伎俳優総勢100人による史上最大のお練りニュースでやらかしてしまったらしい。

   記憶に新しいところでは、同じフジテレビの「とくダネ!」で、プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎の写真に「故・三浦雄一郎」と「故」をつけてしまったという失態があった。「めざまし」でもこの春の「ディズニーランド35周年特集」で、プルートとグーフィーを間違えたり、アリスにシンデレラのテロップをつけたりとキャラの混乱がひどく炎上騒ぎに......。そこまでではないにしろ凡ミスは日常茶飯事。「バイキング」もしょっちゅう謝罪をしている印象だ。人手不足制作費不足知識不足!? のフジテレビにはもはや「生放送」番組を作る能力がないのでは? という気さえする。

   「めざまし」でいえば、最近、時刻がリニューアルし、「秒がわかる」と書いてあるのだが、グルグル回っているだけでさっぱり意味がわからない。余計な工夫。時刻くらいはまともに見せて!

   (放送2018年10月29日4時55分~)

   

   (白蘭)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中