2020年 11月 28日 (土)

あなたは大丈夫?保険・投資信託トラブル頻発―超低金利で金融機関が強引販売

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

    日本銀行の低金利政策を背景に、保険や投資信託などの金融商品をめぐるトラブルが相次いでいる。背景には、金融機関間が保険や投資信託の販売などの手数料ビジネスを拡大していることがある。

   「良質な金融商品を育てる会」の世話人の永沢裕美子さんは「金融トラブルは、おカネ持ちの方のものと思われがちですが、実際はごく普通の方。一人暮らしの高齢者が1000万円、2000万円といった投資信託や保険を契約されて、こんなはずではなかった、というケースがあります」

   「クローズアップ現代+」の取材でも、全国で3000万件以上の契約を結んでいるJA共済に不適正な契約の疑いがあった。「はたして、お客さんのためだったのかという契約が多々ありました」「お客さんには申し訳なかった」(現役のJA職員)

   この職員は、ノルマが厳しくなり達成が厳しくなるなか、デメリットを説明せずに、共済の契約をあたらしく切り替えさせる販売を行っていたという。

   JA共済連は今回のケースについて、「承知していない」「仮に不適正な事案があれば、適切に対応する」と回答した。タブレット端末を導入して、必要な説明を行ったかどうかをチェックしてトラブル防止策も導入していると説明する。

<うまみ大きい手数料ビジネス

   経済評論家の山崎元氏はこう解説する。「(トラブルが多発する原因は)販売手数料というか、収益が高すぎることがあります。それとともに、日銀の低金利(の影響)もあって、金融機関の経営悪化が想定以上に速いんです。それで手数料ビジネスに拍車がかかっている。

   たとえば、預金1000万円を住宅ローンで貸して、ずいぶん手間もかかって、金利1%、せいぜい10万円。投資信託の販売手数料は3%だと、30万円入ります。それから運用管理の手数料が1.5%ほどあります。『ここで儲かる』と力が入ってるわけです。ただ、低金利が終わっても、手数料ビジネスの収入を手放すとは思えません。そもそも手数料が高すぎるということ、それからサービスに見合ってないことに根本的な問題があると思います」

   *NHKクローズアップ現代+(2018年10月30日放送「あなたの資産をどう守る?~超低金利時代の処方箋~」)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中