2020年 11月 30日 (月)

家族3人で「高齢者詐欺手伝い」母・娘は現金運び、父は報酬分配役

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ニセ電話でお年寄りからだましとったカネを運んだなどとして、埼玉県ふじみ野市の宮腰和夫(52)と妻の春美(52)、娘の友梨亜(22)の家族3人が、警視庁に詐欺の疑いで逮捕された。

   3人は「他人の口座から現金を引き出す仕事」「コインロッカーに運ぶ仕事」をしただけと供述していて、司会の加藤浩次は「仕事だから運んだだけと正当化しちゃったんだなあ」と犯罪意識のなさにあきれた。

手分けして駅ローッカーを移動

tv_20181102144133.jpg

   3人は詐欺グループが福井県の80歳女性から宅配便で送らせた現金を、妻が東京・池袋のから巣鴨へ、娘が巣鴨から高田馬場へと駅のコインロッカーを移しかえて運び、夫はグループの報酬分配役をしていた。

   妻は「月18万円稼いだが、思い当たることがありすぎて、容疑事実はわからない」と話したそうだ。警視庁はグループの詐欺は少なくとも30件、40億円にのぼると見ている。

   キャスターの近藤春菜(お笑いタレント)「家族でやったとは悲しいな」

   水卜麻美キャスター「複数の仲間がさまざまなコインロッカーに入れては移していました。他に全体を指揮する人間がいて、分配役の夫も会っていないのではないですか」

   菊池幸夫弁護士によると、こうした詐欺は10年以下の懲役、初犯でも実刑の可能性があるという。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中