2019年 6月 25日 (火)

中国・重慶でいきなりバスが川に転落 原因は乗客と運転手の殴り合いだった

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   先月28日(2018年10月)、中国重慶市の橋からバスが転落、15人が死亡した事故の原因は、乗客と運転手の殴り合いの結果だった。引き上げたバスの車載カメラの映像からわかった。乗客も乗客だが、運転手もバスを止めることはできなかったのか。中国では不思議なことが起こる。

バスの運転者を殴りつける女性乗客

   バスは、重慶市の長江の右岸と左岸を周回する路線バス。事故の瞬間を、別の車のカメラが捉えていた。重慶の橋の上を走っていたバスが突然、センターラインを超えると、対抗していた乗用車に衝突、さらに橋の欄干を突き破って、転落した。水面までは約50メートル。

tv_20181105130522.jpg

   当初はこの映像だけがネットに流れた。これを延べ12億6000万人が見たという(中国の人口は約13億7600万人)。このため様々な憶測が飛んだ。バスが衝突した赤い乗用車は、偶然そこに行き合わせた被害者なのだが、「乗用車が悪い」と持ち主の詮索までが行われた。また、運転手についても、「体調管理が悪い」とか、「寝不足ではないのか」などなど。

   バスは1日(2018年11月)に引き揚げられ、車載カメラの映像が公開されると、驚くべき光景が映っていた。

   女性の乗客が「戻せ」と叫ぶ。運転手が「それ以上妨害すると......」、乗客が「くたばれ」と携帯電話で運転手を殴りつけた。運転手も殴り返す。窓の外を対向車が走りすぎる。そしてなぜか、運転手はハンドルを左に切った。当然バスは反対車線へ向かう。目撃映像とも合致する。そして、激しい衝突音(乗用車と衝突)の後、橋の欄干を突き破ったところで映像は切れていた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中