2018年 11月 18日 (日)

サバンナ高橋、LINEの「送信を取り消しました」にモヤッ 「気になってまうやん」共感の声

印刷

   お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄が4日(2018年11月)ツイッターを更新し、無料通信アプリ「LINE」の一部機能について苦言を呈した。

   高橋は、LINEのトークルームで一度送ったメッセージを取り消せる「送信取り消し」機能を取り上げ、

「LINEの『メッセージの送信を取り消しました』っている? 」

と不要論を唱えた。

   この言葉は、メッセージを削除したあと、トークルーム上に履歴として残る文言だ。メッセージ自体は自分からも相手からも見られなくなるため、誤って送ってしまったときなどに便利な機能だが、この一文によって消した痕跡が双方に残ることになる。そのため、

「何を送ったの消したか気になってまうやん!」

という気持ちになると高橋は続けた。

   投稿に対しては「いりますよー」という声も一部届いたが、多くは

「取り消した内容をわざわざ聞いてしまいます...」
「私は取り消した理由も送りますよ~!絶対、気になるもんね」

など、共感のコメントだった。

   高橋のリプライ欄以外でも、

「メッセージの取り消しがバレるから意味ないし、相手も『取り消したって何送ったの?』ってモヤモヤするし、どっちも幸せになれないからやめてほしい」
「こっちはメッセージを送ったという事実ごと消したいんや意味深な感じになるやろうが」
「LINEの『メッセージの送信を取り消しました』を取り消す機能はまだですか?」

と、不満の声はツイッター上でたびたびあがっていた。

   一方、この「気になる」を逆手にとって相手にかまってもらうようあえて使用するという意見もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中