2018年 11月 14日 (水)

前澤社長「めちゃ影響受けた」アルバム4枚公開 メタリカ名盤は「ほぼ全曲コピー」

印刷

   ネット通販「ZOZOTOWN」を運営するゾゾの前澤友作社長(42)は4日(2018年11月)ツイッターを更新し、自身が中学時代に強く影響を受けたというCDアルバムを紹介した。

   前澤は「中学生の時にめちゃ影響受けたアルバム2枚」とし、METALLICAの「Master of Puppets」とX JAPAN(当時・X)の「Blue Blood」の2枚をジャケット写真付きで紹介。前澤氏はかつてハードコア・パンクバンド「Switch Style」のドラマーとして活動し、メジャーデビューも果たした経歴をもつ。

   前澤は上記のアルバムについて、

「ほぼ全曲をギターでコピーした。メタリカ2曲目のメタルマスターの超高速ダウンピッキングは最初人間技じゃないと思ったけど、練習してるうちに追いつけるように。ちなみにライブ版はもっと速い」

とコメント。かつての思い出を振り返った。

   3日には「高校生の時に最も影響を受けたアルバム2枚」としてSEPULTURAの「Arise」とBIOHAZARD「Urban Discipline」を挙げた。この2枚についても前澤は、

「SEPULTURAはクラブチッタ川崎で、BIOHAZARDは渋谷ON AIR WESTで、どちらも伝説のライブ。両方に行けたの本当に奇跡」(原文ママ)

と、それぞれのバンドへの愛をにじませていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中