2018年 11月 14日 (水)

「紅白歌合戦・司会」発表直前予想!総合は桑子真帆アナ、紅組は安藤サクラ、白組は高橋一生か

印刷

   今週か来週には大晦日の2018年NHK紅白歌合戦の司会者が発表されるようだが、下馬評ではどんな名前があがっているのか。総合司会は昨年はお笑いタレントの内村光良のフォロー役に回っていた桑子真帆アナが、今年はメインで担当すると見られている。

   「ニュースウォッチ9」の明るいキャラが好評で、NHKと日本テレビの「テレビ放送65年」のコラボ番組でも、NHK側の顔として登場した。開会式と閉会式を言い間違えたりしながらも、ピョンチャンオリンピック開会式の実況中継という大舞台も経験している。大晦日のお祭り気分と番組進行の安定感を考えたら、桑子は最有力だ。

「マツコ」「タモリ」のサプライズありかも・・・

   紅組司会は安藤サクラか。連続テレビ小説「まんぷく」では「朝から演技がうますぎるヒロイン」と評価は高く、『美人』『かわいこちゃん』でないところが受けている。

   カンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞した「万引き家族」では主演。実生活でも娘のいる母親で、「まんぷく」の撮影現場にはキッズスペースが設けられるなど、「ママさんヒロイン」というのも新鮮だ。

   高視聴率だった夏ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)の主役、過去2回の司会経験の綾瀬はるか、トークに切れのある吉田羊の名前も挙がっているようだ。

   白組司会は「嵐」の松本潤で決まりという情報もあるが、もう10年以上もジャニーズが続いている。内部の後継者争いが噂され、相次ぐ不祥事が目立つジャニーズから起用されるだろうか。紅組が安藤ならば、白組も本格的俳優ということで高橋一生あたりが考えられる。

   これ以上はあり得ないサプライズということなら、紅組がマツコ・デラックス、白組がタモリだ。2人ともNHKスペシャルでMCをつとめているし、2016年の紅白では曲の間に挟む「小芝居」を演じた。

   ただ、紅組司会の衣装替えは5~7回もある。マツコのあの体型で、ドレスから和服へ、和服からスーツへなど早替えができるか、心配がある。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中