2018年 11月 18日 (日)

アメリカ「クリスマス・テロ」厳重警戒!去年はNY地下道でISかぶれの男が腹巻爆発

印刷

   昨年12月(2017年)、クリスマスを狙ってニューヨークの地下道で起きた自爆テロの画像が公開された。米国最大のバスターミナルとニューヨークの地下鉄を結ぶ通路を、多くの人にまじって歩いていたニット帽の男の腹部が、いきなり爆発した。

   白い煙が上がり、周りの人たちが一斉に逃げる。警察官が駆けつけて通路に倒れている犯人に拳銃を向ける。男は生きており、ほかにも爆発物を身につけていたためいったん退いた後、再び近づいて、やっと身柄を確保した。

   男はバングラデシュから2011年に米国へ移住したアカイド・ウラ(28)と名乗り、IS(イスラミックステート)の影響で自爆テロを考え、1人で材料をそろえたという。「クリスマスのポスターが貼ってある場所を選んだ」と供述した。

トランプ政権の排外主義で高まる危険

tv_20181108122039.jpg

モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「ボストンマラソンのテロもそうでしたが、ネットを通じて得た情報が、個人の想像力をかきたて、テロを起こしてしまう」

司会の加藤浩次「そういうことが起こり得るということですね」

坂口孝則(経営コンサルタント)「怖いですね。こうしたイタチごっこが続いている感じがします」

   排外主義が強いトランプ政権によって、こうしたテロの危険は強まっているのではないか。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中