2018年 11月 16日 (金)

安倍さん!これでも全員野球内閣?口利き疑惑、答弁しどろもどろ、不明朗なカネ・・・

印刷

   片山さつき・地方創生相は口利き疑惑や政治資金不記載、桜田義孝・東京五輪パラリンピック担当相はしどろもどろ答弁、宮腰光寛・沖縄北方相は全裸乱行、柴山昌彦・文部科学相は教育勅語復活論、平井卓也・科学技術相は政治資金トラブル、渡辺博通・復興相は補助金不明朗と、改造安倍内閣は問題大臣ばかりだ。

   安倍首相は「全員野球内閣です。適材適所の考え方のもと実務型の人材を結集した」というが、どう見ても2軍の、それも補欠ばかりの内閣だ。街で聞いて見ても――、「全員野球拳内閣ですよ、恥ずかしいですね」(40代男性)、「勉強されていない。大臣をやりたいという感じでやっている雰囲気はなく、呼ばれたから来ましたという感じだ」(70代男性)と手厳しい。

官僚の操り人形にもなれないお粗末

   龍崎孝(流通経済大教授)「民主党政権時代に、当時、厚労相だった菅直人元首相は、薬害エイズ問題を公表し、謝罪しましたが、あれは役人では決断できなかった。大臣の資質で一番大事なのは、官僚制度の悪弊を打ち破って指揮していくことです」

   官僚に抗するどころか、官僚が書いた答弁アンチョコさえきちんと読めないのがいまの大臣たちだ。最初に辞任するのはだれか。辞任ドミノが始まりそうだ。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中