2018年 11月 14日 (水)

<億男>
3億円の宝くじが当たったばっかりに・・・大金を前にしてさらけ出るそれぞれの本性

印刷
(C)2018映画「億男」製作委員会
(C)2018映画「億男」製作委員会

   原作は川村元気のベストセラー小説だ。

   兄が3000万円の借金を残して失踪し、連帯保証人だった一男(佐藤健)は昼は図書館司書、夜はパン工場で働いている。妻と娘とは、借金が理由で別々に暮らしている。そんなある日、宝くじで3億円が当たる。

   借金を返済し、家族と再び一緒に暮らせると歓喜するが、3億円という額に不安を覚える。宝くじの高額当選者はみな悲惨な人生を送っていると、ネットにあったからだ。

   一男が相談をしたのは、学生時代に落語研究会で一緒だった親友の九十九(高橋一生)だった。彼は大学を中退し、バイカムとういうネットの販売サイトを起業し、いまは億万長者だ。九十九は快く一男の相談に乗るが、3億円とともに姿を消してしまう。

   共演に藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザらが顔をそろえている。

高橋一生がずるくて優しくて哀しい

   お金というものの正体は、それを目の前にした人によって、それぞれに変るというのがこの映画のテーマか。そのお金の価値を決める登場人物たちが、実に魅力にあふれていて、人間臭い。

   佐藤健はお金に振り回されているのに、それに気がつかない典型的な冴えないけど優しい男だ。家族の絆が借金ではない何かで壊れたことにも、気が付いていない。

   バイカムを九十九と立ち上げた仲間たちはみな強欲である。藤原竜也は怪しげなセミナーで、オーバーアクションとカリスマ性で人々を洗脳し、金を巻き上げている。

   しかし、極めつけはやはり高橋一生だろう。一男と話すときは吃音なのだが、大好きな落語と自分の夢を語る時は流暢にしゃべる。一男の3億円を持ち逃げしながらも、純粋な心の持ち主で、おカネというものの正体を知って、自分も失いかける。優しい人間ほどお金に振り回されるということなのか。

   この映画は高橋一生という役者の技量を知るための映画であるといってもいい。

   落語が巧みに伏線に使われている。

PEKO

おススメ度☆☆☆

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中