2020年 11月 28日 (土)

King&Prince平野紫耀の超ビンボー物語、「えり」の超お嬢様豪遊物語、眉にたっぷりツバをつけねば 〈今夜くらべてみました〉(日本テレビ系)

   最近、天然キャラが受けてバラエティーにひっぱりだこなのが、ジャニーズのKing&Prince平野紫耀だ。「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)でお金持ちの御曹司・神楽木司役で王子様キャラだったが、いまではすっかり天然キャラ扱いでイジられている。

   この日のテーマは「トリオTHEド庶民時々お嬢様」だったが、平野は、藤田ニコル、佐藤仁美とともに「トリオTHEド庶民」として登場し、クリスマスのエピソードで「中学のときにアクセサリーが欲しいです」とサンタさんにお願いをしたら、「次の日枕元にうまい棒(駄菓子)がおいてあった」とか、「5円玉をよく食べていた」とか、「お弁当のおかずが、しなしなの唐揚げ、ベッチョベチョの白米だった」というような貧乏エピソードを語っていた。

   しかも、母親がヤンキーで紫が好きだったから名前に紫が入っているなどとも。なんでもあけすけに話す平野。この屈託の無さが人気の所以か。

   お嬢様のエピソードもなかなか興味深い。名古屋のお嬢様学校、金城学院出身の「えり」が、中学からの持ちあがりは『純金』、大学から入ってきた子は『メッキ』と呼ばれるとか、同窓会「みどり野会」が結婚相手を紹介しているなどと語ったり、ペニシュラホテルの№2を父親に持つコルファー羽鳥ジュリアの友人たちとの豪遊ぶりを自慢したり、本当なのかと疑いたくなるところ多数。

   「イッテQ」のヤラセ疑惑発覚で、日テレの番組をつい色眼鏡でみてしまう。いかん、いかん。(放送2018年11月7日21時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中