2019年 6月 20日 (木)

米カリフォルニア山火事でトランプ暴言!呆れ顔のレディー・ガガ「あんたって人は、本当に・・・」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   アメリカ・カリフォルニア州で8日(2018年11月)から続いている山火事は、多くのセレブが暮らす高級住宅街にも燃え広がって、8000人以上の消防士が消防活動にあたっているが、鎮火の見通しはたっていない。

   俳優ジェラルド・バトラーの自宅は焼け落ち、車も黒焦げになった。バトラーはその様子をインスタグラムに投稿し、「ある場所から先のすべての家がなくなっている。まるで戦場のようだ」と語った。

   俳優ウィル・スミスも「私たちの家はあそこで、山火事はすぐそこだ。とても恐ろしい」と語っている。女優エイドリアン・ジャニックは暗闇の中で燃え続ける山の様子を投稿した。

懸命に消火活動つづける消防士「われわれにとって屈辱」

tv_20181114130050.jpg

   そんな被災者の声を無視するように、トランプ大統領は10日(2018年11月)にツイッターに「この火災の原因は森林の管理が誤っているからだ。今すぐ改善しなければ、今後予算は出さない」と投稿してヒンシュクを買っている。

   消防士組合は「カリフォルニア州にある森林の60%近くは政府の管理下にあります。大統領のメッセージは情報不足であり、被害者たちだけでなく、最前線の消防士たちに対して屈辱的です」と猛反発した。

   セレブたちも呆れてる。「本当に思いやりのない反応。あなたがツイートしている間に国民が家を失って避難しているのよ」(歌手のケイティ・ペリー)、「大統領、カリフォルニア州が必要としているのは支援と励ましの言葉であり、責任追及や非難の言葉ではありません」(歌手のロッド・スチュワート)、「前からわかっていたけど、あなたは自分以外の人のことには関心がないのね」(歌手のレディー・ガガ)

反トランプンの土地柄だからあてこすり

   司会の小倉智昭「大統領の発言は、本当にひどいと思いましたね」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「いつものように、不勉強で、間違ったことを平気で言っています。消防士たちの家も燃えているというのに、他人事のような発言です」

   カリフォルニア州は民主党の牙城で、反トランプ意識が強いためあてこすったということか。

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中