2019年 10月 14日 (月)

那須川天心「言葉が出て来ませんでした」 内藤大樹と3年越し再戦で言われたこと

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   キックボクシングの那須川天心内藤大樹は18日(2018年11月)、ツイッターを更新し17日に開催された格闘技イベント「RISE129」での試合結果についてコメントした。

   那須川と内藤は15年8月1日にも対戦し、1ラウンド(R)で那須川がKO勝ちしていた。今回の対戦は3年越しの再戦だったが、またも1Rで那須川がTKO勝ちした。

   この結果について那須川は、

「内藤選手、3年間追い続けてくれてありがとうございました。戦えて凄く嬉しかったです。リングで、3年間ありがとうございました と言われた時は言葉が出て来ませんでした。内藤選手の想いも背負い、これからも勝ち続けたいと思います。ありがとうございました。さあ、やるぞ!」

とツイート。試合に敗れた内藤は、

「全てを懸けて挑んだ試合 前回と同じく1ラウンドKO負けでした。那須川選手、本当にありがとうございました!闘ってくれて感謝します。サポート、応援していただいた皆様、期待を裏切ってしまい申し訳ありませんでした。ただ...本当に沢山の応援幸せでした。ありがとうございました」

とツイートした。

   両ツイートには多くのファンから

「40歳のオッさん1ファンからの一言です。天心君かっこよすぎ笑 リング上でも降りてからのこのツイートも。男前っぷりに貰い泣きしちまいましたよ。感動をありがとう!押忍」
「内藤選手の人生をかけた戦いに私たちも、心揺さぶられました。試合直後にもかかわらず、泣きながらロビーでファンサービスされてる姿に感動し、必ずまた天心と戦って欲しいと思いました。試合の感動だけでない素晴らしいものを感じました。内藤選手。人の生き方に影響を与える素晴らしい選手です」

と賛辞のリプライが寄せられた。

   那須川は大晦日12月31日の「RIZIN」で、プロボクシング世界5階級王者のフロイド・メイウェザー・Jrとエキシビジションマッチを行うことが決まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中