2019年 11月 22日 (金)

「リーガルV」もうひとつの見どころ・・・鉄道ファン大喜び!各地の名物駅弁が毎回登場

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   テレビ朝日系「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(木曜よる9時)の見どころの一つに駅弁がある。米倉涼子演じる主人公・小鳥遊翔子は鉄道マニアという設定で、毎回、各地の鉄道に乗り、うんちくを傾け、駅弁を頬張る。

   各駅の名物弁当が登場するのだが、これまでに「牛肉どまん中」(米沢駅)、「ふるさとSL弁当」(真岡鐵道)、「峠の釜めし」(横川駅)、「奥久慈しゃも弁当」(水郡線)、「うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳」(小田原駅)が紹介された。

   鉄道絡みのシーンを監修しているのは、芸能事務所「ホリプロ」の南田裕介マネジャー。「タモリ倶楽部」などでも知られる大の鉄道好きだ。

   さて、きょう22日(2018年11月)の第6話では、小鳥遊はどこの駅弁をパクつくのだろう。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中