2019年 7月 18日 (木)

国境の町メキシコ・ティファナにあふれる移民キャラバン!国に戻れば殺されます・・・

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

    治安悪化、貧困から中南米諸国を逃れ、アメリカへの移民を希望する「キャラバン」の第1陣2500人が、メキシコの国境の町、ティファナに到着した。

   着の身着のままで野宿をしながら旅を続けてきたキャラバンの人たちを待ち受けていたのは、アメリカ国境沿いに派遣された5000人の兵士の監視の目、張り巡らされた有刺鉄線の厚い壁だった。

   そのティファナから鎌倉千秋キャスターが伝えた。

犯罪集団に拉致され性的暴行

   ホンジェラスからやってきたという男児を連れたシオマラ・チリーノスさんは、息子は持病を抱え治療費が大きな負担になっていたが、治安は悪く、夫は安定した職に就けない。先週から入国手続きをする長い列に並んでいる。手続きをするだけで3週間はかかると言われている。

   だが、申請が受け付けられても、実際に入国が許可されるのは10人に1人もいない。「もうここまで来たら、誰もがあらゆる選択肢を考えています。なかには違法な業者にお金を払って国境を越える人も出てくるでしょう」と話す。

   同じくホンジェラスから来たアリソン・カナレスさんは、3人の幼い子を連れて移動してきた。3年前に犯罪集団に拉致され、性的暴行を受け続けた。2歳になる息子はそのとき生まれた。

   カナレスさんは「子どもを連れて命からがら逃げだしました。身元を証明するものやお金を準備する間もなく、追われるようにここに来たんです。国に戻れば殺されます。国を捨てるしか選択肢はないのです」と話す。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中