2019年 11月 16日 (土)

<1年前のワイドショー>専門医「殺人インフル」注意呼び掛け!今年も同じタイプが流行しそう

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   11月に入ってインフルエンザの感染が広がり、都心でも注意レベルになっているが、去年(2017年)のこの時季は新型の大流行が心配され、ワイドショーも<あなたは間に合わない? 殺人インフルエンザが流行の恐れ、ワクチン100万本も足りない!>(TBS系「ビビット」)と注意を呼び掛けた。

   新型インフルエンザは「H3N2」と呼ばれるウィルスで発症する香港A型で、高齢者や疾患のある人は重症化しやすい。池袋の大谷クリニックの大谷義夫院長はワイドショーの中で、マスクの着用やうがい、手洗いなどの予防策を呼びかけたが、年明けから自治体が流行警報を出すほど広がった。

   今シーズンも9月から学級閉鎖など、早くも大流行の兆しがある。香港A型の流行が予想されている。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中