2019年 1月 19日 (土)

水谷も反町も快調なのだけれど・・・ひとつ注文あり!意地悪だが人情もある伊丹刑事とのやりとり場面もっと増やしてほしい
<相棒 season17 第6回>(テレビ朝日系)

印刷

   近頃、あまり面白くない回もあったが、今回はユ二-クで面白かった。バイオの研究者の谷岡が浴室で溺死する。その谷岡と飛行機の中で知り合ったという女、小夜子(西田尚美)は、連続殺人事件の被告で、弁護士の連城から右京(水谷豊)らに彼女に会って欲しいと依頼される。右京と冠城(反町隆史)は会いに行く。

   小夜子は3流週刊誌にあることないことを書かれたので訴えたいと右京たちに頼む。さらに谷岡の死について調べ始めた右京が、溺死した谷岡の風呂場の天井の板に隙間があったのに気が付き、只の溺死ではなく、妻に殺されたのではないかと疑う。まんまとその説は当たり、浴室の天井板の上に、妻がネットで取り寄せた大量のドライアイスが仕掛けられていたと判明する。

   小夜子は詐欺師で、谷岡が百万円もする黒真珠を誰かのために外地で買ったのは招聘されるためのワイロだったのに、妻は若い愛人に贈ったのではないかと邪推して夫を殺したという事実に誘導してくれる結果になる・・・屈折した女詐欺師の心理が面白い。

   今回はいつもチクチク右京たちをいじめる伊丹刑事とのやりとりが少ない分、新入りのチビ特命係との絡みが増えた。人気に安住していたら視聴率が下がるので手を打っているのだろうが、筆者は意地悪だが人情もある伊丹刑事が好きなので、もっと相棒たちとのやりとり場面を増やしてほしい。水谷も反町も快調である。(放送2018年11月21日21時~)

   (黄蘭)

採点:1

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中