2020年 11月 30日 (月)

ちょっと不気味で怖いと人気!新潟県佐渡の巨大「ウサギ観音」暗闇に赤く光る目

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   この3連休(2018年11月23~25日)、各地の紅葉名所は大変な人出だったが、新潟・佐渡島にもある見物客が押し掛けていた。ネットなどで「怖い~」「ラスボス感がすごい」と話題になっていて、東京からやって来た男性も「圧倒されましたね」と話す。

シンガポール・マーライオンのウサギ版?

tv_20181126112057.jpg

   いったい何なのか。高さ6メートルもある「ウサギ観音」だ。巨大なだけではない。夜になると赤いLEDライトの目が光って、暗闇の中にボーッと浮かび上がるのだ。お腹には十一面観音の顔が彫り込まれている。観音様というより、中国のテーマパークのアトラクションのようで、たしかに不気味だ。

   ウサギ観音があるのは長谷寺で、富田宝元住職は建立のわけをこう話す。「この寺は大きいのですが、檀家は40軒しかなく、維持していかないとつぶれるんです」

   修繕費もままならず、参拝客を少しでも増やそうと考えたのだという。建設費の800万円は、東京で企業の代表取締役を務めるある檀家が全額寄進した。なぜウサギなのかというと、寺には雑草を食べてくれる草取りウサギが飼われていて、「そのお礼のため」(富田住職)だ。シンガポールのマーライオンのウサギ版ということらしい。

月に2、3人だった参拝客が3連休だけで300人以上

   野上慎平アナ「それまでは月に2、3人だった参拝客が、この3連休だけで300人以上も来たそうです。ウサギ観音さまさまです。佐渡観光も潤うので、どんどん来てほしいということです」

   宇賀なつみキャスター「ちょっと怖いけど、ちょっと見に行きたい気もしますね」

   これからの季節、雪の中のライトアップは結構きれいかもしれない。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中