2019年 1月 22日 (火)

今週からが見ごろ!東京都心の名庭園・古刹の紅葉・・・将軍・綱吉が感嘆した500本のカエデ

印刷

   石原良純(タレント)が「良純未来図」コーナーで、東京・文京区の紅葉名所を散歩した。徳川5代将軍・綱吉の側用人だった柳沢吉保が造った「六義園」はJR駒込駅から歩いて6分、「カエデの赤が鮮やかです。500本以上のカエデが見ごろを迎えています」(石原)

   六義園は小石川後楽園と並ぶ江戸の二大庭園で、その美しさを愛した綱吉は58回も訪れたという。この時季は池も赤に染まる。12月上旬まで楽しめる。

黒田家屋敷跡で夕もみじ眺めながら新そば

tv_20181126123533.jpg

   綱吉の家臣だった黒田家の屋敷跡ももみじが美しいと、江戸歴史散歩の達人「歩き旅応援団」の岡本永義さんが案内したのは、ホテル椿山荘だった。

   石原「ああ、椿山荘がそうなんですか。夜はライトアップされて(2018年12月25日まで)、幻想的な景色が広がります」(石原)

   庭園内には室町時代の建物を移築したそば処があって、石原は「きりっとしておいしい。紅葉よりこっちかも。新そばの季節でもありますからね」なんて言いながら、夢中で手繰っている。

江戸の面影残る初冬の境内

   岡本さんが案内した3つめの紅葉名所は護国寺だった。「観光客が来るような寺ではないので、ゆっくり紅葉を眺められます。門を入ったところのもみじが見事です」

   綱吉が母親の桂昌院のために建てた寺で、元禄時代の絵馬などもあるという。いまでも江戸の面影が残る初冬の境内は、静かな時間がゆったりと流れている。紅葉は来月(12月)中旬まで。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中