2019年 10月 21日 (月)

NHK受信料値下げ!2段階で4・5%――衛星契約は月102円安く

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   NHKの経営員会は27日(2018年11月)、受信料の4・5%値下げを決めた。来年10月の消費税率アップ時に上乗せ引き上げを行わず、据え置くことで実質的に2%の引き下げ、さらに2020年10月から2・5%を値下げするという。

   これによって、一般的な地上波契約(月額1260円)は59円、衛星契約(月額2230円)は102円安くなる。

   NHKは受信料徴収の徹底化を進めていて、2017年度は過去最高の6913億円となった。東京・代々木の放送センターの建て替え、12月1日からの4K8K放送にめどがつき、「黒字分」を放出することになった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中