2019年 1月 18日 (金)

ドルガバ着てる客はお断り!中国でボイコット拡大・・・今度はイタリアのテレビが下品なパロディ

印刷

   イタリアの高級ファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ」(ドルガバ)が、「箸でピザが食べられるか」と中国の習慣や文化をからかい(ある意味では日本に対しても・・・)、ひんしゅくを買ってるが、騒動が拡大している。

   イタリアのテレビ局のパロディーニュース番組に、創業者のガッバーナとドメニコ・ドルチェにそっくりの物真似タレントが出演し、「中国人は地面に唾を吐く」「北京に行けば滑って転ぶよ!」と中国を馬鹿にしたからだ。

中国市場失ったら大打撃

tv_20181128144514.jpg

   もはやユーモアとはいえないと、中国では温泉付きリゾート施設が「ドルバガを着ている人は宿泊お断り」と張り紙を出し、デパートでも「店に入る前にドルバガをゴミ箱に入れてからにしてください」といった看板が相次いでいる。

   周來友(ジャーナリスト)は「箸は中国文化の象徴。けなされたら文句を言わなきゃいけない」と憤る。

   堀尾正明キャスター「世界のマーケットを考えたら、中国市場を抜きに考えられない。であるのに、こういう動画を流すのは分からないですね」

   ドルバガの2018年の売上高の見込みは1664億円。そのうちの3割が中国市場という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中