2019年 5月 27日 (月)

2メートルの見上げるようなドデカ牛!食肉処理場の機械に入らず命拾い

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   きょう29日(2018年11月)は「いい肉の日」だそうで、「とんでもない牛がオーストラリアで見つかりました」と水卜麻美キャスターが紹介した。体高は2メートル近い194センチ、体重1・4トンもあり、他の牛の2倍はあるようで、群れの中でも図抜けた超ビッグサイズだ。

   司会の加藤浩次「僕は177センチだから、怖いよねえ」

マイケル・ジョーダンとほぼ同じ

tv_20181129115336.jpg

   7歳のオスのホルスタインで、「ニッカーズくん」と名づけられた。オーストラリアのテレビニュースは「プロバスケットのスーパースター、マイケル・ジョーダン(身長198センチ)とほぼ同じです」と伝えた。大きい牛の遺伝子を選んで交配をつづけ、どんどん巨大化したらしい。

   オーナーのジェフ・ピアソンさんは阿部祐二リポーターの電話に、「成長期を過ぎても体重が増えました。食肉処理場で機械にかからないからと拒否されました」と話した。命拾いして、今は「のんびりと休んでほしい」という。

   近藤春菜キャスター「のびのび育ってほしい」

   エッ、まだ大きくなるの?

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中