2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

遺伝子操作で双子産ませた中国医師に批判殺到!国際会議でも「科学者ならしてはいけない実験だ」

印刷

   ゲノム編集技術で受精卵の遺伝子を改変し、HIV(エイズウィルス)にかかりにくい体質の双子を誕生させたと発表した中国・南方科技大学の賀建奎副教授は、きのう28日(2018年11月)、香港で行われた国際会議に登場し、「成果」を誇らしげに語った。

   しかし、会場からは「透明性に問題がある」などと厳しい声が相次いだ。

自慢げに「中国人の美しい双子。遺伝子手術の安全性が実証された」

tv_20181129124312.jpg

   ゲノム編集は、生命の設計図といわれる遺伝子の一部を書き換える技術だ。賀教授は夫がHIVに感染している妻の受精卵をエイズウィルスにかからないように遺伝子を組み換え、体内に戻した。

   賀教授はこの研究結果をインターネット上で公表し、「ルル、ナナと名付けられた中国人の美しい双子の女の子が元気な産声を上げました。遺伝子手術の安全性が実証されました」と満面の笑みを浮かべて語っていた。

   きのうの国際会議で、「多くの科学者がすべきではない実験だと思っている」という指摘が出ると、賀副教授は「アメリカの専門家に倫理的問題について意見を聞いた」と反論した。「子どもたちの今後に影響を与える可能性があるのでは」という疑問に対しては、「どう答えていいかわかりません」と逃げた。

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中