2019年 12月 10日 (火)

遺伝子操作で双子産ませた中国医師に批判殺到!国際会議でも「科学者ならしてはいけない実験だ」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ゲノム編集技術で受精卵の遺伝子を改変し、HIV(エイズウィルス)にかかりにくい体質の双子を誕生させたと発表した中国・南方科技大学の賀建奎副教授は、きのう28日(2018年11月)、香港で行われた国際会議に登場し、「成果」を誇らしげに語った。

   しかし、会場からは「透明性に問題がある」などと厳しい声が相次いだ。

自慢げに「中国人の美しい双子。遺伝子手術の安全性が実証された」

tv_20181129124312.jpg

   ゲノム編集は、生命の設計図といわれる遺伝子の一部を書き換える技術だ。賀教授は夫がHIVに感染している妻の受精卵をエイズウィルスにかからないように遺伝子を組み換え、体内に戻した。

   賀教授はこの研究結果をインターネット上で公表し、「ルル、ナナと名付けられた中国人の美しい双子の女の子が元気な産声を上げました。遺伝子手術の安全性が実証されました」と満面の笑みを浮かべて語っていた。

   きのうの国際会議で、「多くの科学者がすべきではない実験だと思っている」という指摘が出ると、賀副教授は「アメリカの専門家に倫理的問題について意見を聞いた」と反論した。「子どもたちの今後に影響を与える可能性があるのでは」という疑問に対しては、「どう答えていいかわかりません」と逃げた。

専門学者は「そもそも、結果わかってる実験」

   ゲノム編集に詳しい東京大学定量生命科学研究所の胡桃坂仁志教授は「そもそも、受精卵はHIVウィルスに感染しません。母親が陰性なら、胎児がHIVにかかることはありません」と指摘し、実験に疑問を呈した。

   胡桃坂教授によると、ゲノム編集については、現在はガイドラインを策定中の段階のため、受精卵を子宮に戻すことはしないというのが、研究者の共通認識だという。中国政府も「事実なら法律に基づき、賀副教授を処分する」という姿勢だ。

   キャスターの伊藤利尋アナ「目立とう精神とか、そういう気持ちが研究者にあったとしたら、気になりますね」

   元オリンピック陸上選手の為末大「ドーピングの観点でいうと、筋肉に関する問題をゲノム編集で解決した子どもが、将来オリンピック選手になった時、出場を認めるかという問題もあります。
本来はものすごく議論しなければいけないことなのに、こんなに簡単にやってしまっていいのかという気がしますね」

   宋美玄(産婦人科医)「倫理委員会をすっ飛ばしてこういう研究をしても、論文はアクセプトされませんよね」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中