2018年 12月 17日 (月)

あす(12月1日)4K放送スタート!対応内蔵テレビ、外付けチューナーっていくら?

印刷

   あす土曜日の12月1日(2018年)から、「NHK BS」「BS朝日」「BS-TBS」「BSテレ東」「BSフジ」(BS日テレは2019年9月開始)で、超高解像度の4K放送が始まる(8KはNHKのみ)。視聴するにはチューナー内蔵のテレビか、4K対応テレビに外付けチューナーが必要になるが、いくらぐらいするものなのか。

   量販店で4Kチューナー内蔵テレビは売れ筋の50型は10~20万円、43型は8~15万円だ。ネット通販で低価格品を探してみると、43型10万円前後、50型で11~12万円からある。外付けチューナーは量販店で3~5万円。

   ただ、流通アナリストは購入はまだ「待ち」だという。「年内はボーナス商戦価格なので高めです。年が明ければ、1~3割下がるでしょう」

   価格の安いチューナー内蔵ではない4K対応テレビと外付けチューナーをセットで割り引きという売り方も出てきそうだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中