2020年 11月 28日 (土)

前・日産経営者、カルロス・ゴーン逮捕のショックを分析解説。作家・真山仁の比喩が面白い
<NHKスペシャル ゴーン・ショック>(NHK総合)

   ニュースで語られている以上のものはなかったが、スタジオに出ていた自動車アナリストという中西孝樹と作家の真山仁の話が目新しいと言えるか。中西が「今後のシナリオとして、(1)はフランスが日産支配を立て直すか、(2)はルノーが(日産を)支配できないのなら、43パーセントの株を持っていても仕方がないと思うか」という。
   これに対して真山は「甘い」と即座に批判した。「国家が介入している。下手すると外交問題になる。日本はこういうケースに馴れていない」と。真山は今回の騒動について面白い比喩をしている。カルロス・ゴーンは「終戦直後のGHQの司令官・マッカーサーみたいなもので、(日産が凹んだ時には司令官として役に立ったが)、日産が成長した後は司令官がいらなくなった。なのに、身を引くタイミングを失った」と。確かにマッカーサーは朝鮮戦争で核の使用をほのめかしてトルーマン大統領に更迭された。ある意味グッドタイミングで「老兵は消えゆくのみ」と去ったのである。ははは、ゴーンは居残り過ぎたのか。流石に作家の比喩はユニークである。
   スタジオの司会をしたのは9時のニュースの有馬嘉男。この人、男なのにおちょぼ口で、何時まで経っても貫録が出ない人のよさそうなオッサンである。人材豊富な局の癖に、もう少しマシな人がいないのか。女でも小野文恵ばかりがいろいろな番組に出まくって偏っている。ちょっと依怙贔屓が過ぎるのではないか。(放送2018年11月25日21時~)

(黄蘭)

採点:0
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中