2018年 12月 17日 (月)

公道でドラフト走行自慢のバカ親父!息子に撮影させてSNS投稿・・・福岡県警が送検

印刷

   不正に改造した軽トラックで危険なドリフト走行を行っていたとして、道路交通法違反容疑で福岡県に住む31歳の会社員が書類送検された。片側一車線の山道のカーブでドリフト走行したり、薄暗いトンネルでジグザグ運転を繰り返す映像をSNSに投稿して発覚した。

   小学2年生の息子に撮影させていた。

サーキットで撮影してれば「いいね」だったのに・・・

tv_20181130130139.jpg

   調べに対し、男は「"いいね"が増えて、嬉しかった」と供述しているという」

   司会の羽鳥慎一「運転技術はすごいが、一般道での危険走行はありえない。対向車が来たら大変なことになっていました」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「軽トラックでここまでできるのは相当な技術。運転はうまいが、やっていることはバカそのもの」

   一般道でなくサーキットで撮影されたのであれば、もっと「いいね」が集まったと思うよ。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中