2018年 12月 12日 (水)

「替え玉」「キセル」「自転車走」...の不正だらけ 中国のマラソン大会がひどすぎ!

印刷

   「信じられない不正行為が続出しました」とキャスターの真矢ミキが話したのは、中国深圳で先月25日(2018年11月)に開かれたハーフマラソン大会でのことだ。1万6000人が参加したが、7キロ地点にある防犯カメラにはU字型らしいコース中央の緑地帯を横切り、走行距離をショートカットするランナーたちが映っていた。それも男女46人に上った。

「SNS映えしたいから参加しただけ?」

tv_20181203113840.jpg

   また、他の映像には同じゼッケン番号の選手が3人もいた。極めつきは、自転車に乗って疾走する女性選手までいたのだから、もうインチキだらけだ。「こんな大会、あるの?」「恥ずかしいから参加するな」「SNS映えしたいから参加しただけだろう」という批判が中国のネットにあふれた。

   スタジオでも司会の国分太一や真矢ミキは一様にあきれ顔だった。

   中国人ジャーナリストの周来友さんは「中国では今、マラソンがはやっています。参加したことを友人にアピールしたかったり、早く成功したがったり。中国人はせっかちです」

   結局、258人が違反行為で摘発され、うち21人が大会から永久追放、237人が2年間の出場停止処分にされた。これでは中国人全体が信用されなくなるよ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中