2018年 12月 19日 (水)

膀胱全摘の小倉智昭が番組にに報告 「30日に無事に手術終了!早くもリハビリの第2段階です」

印刷

   膀胱がんの手術のため「とくダネ!」を休んでいる司会の小倉智昭から、報告があったと伊藤利尋キャスターが冒頭で伝えた。

   「30日(2018年11月)に無事手術が終了しました。代用膀胱の腹腔鏡手術としては7時間を切る異例の速さで、出血も少なく、体への負担も少なかったようです。一晩ICUにとまり、翌日にはリハビリが始まりました。体には6本の管が出ていますが、やがてはすべて抜け、食事ができるようになります」

番組復帰は来年2月ころ

tv_20181203130845.jpg

   代用膀胱は小腸の一部を切り取って作るもので、手術としては難しいものだったが、成功したようだ。代用膀胱は尿意などを感じることができないため、排尿の訓練をしなければ鳴らない。

   小倉は「気長にやろうと思っています。ご心配をおかけしましたが、第一段階は通過、いよいよ第二段階です。ありがとうございました」と語っている。

   山崎夕貴キャスター「本当にホッとしました。応援していきます」

   伊藤「第二段階は、小倉さんの頑張りということです」

   番組復帰は来年2月ころ(2019年)になりそうだという。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中