2018年 12月 14日 (金)

二宮和也を知らない人を見つけ出してスタジオに招く 失恋の逆恨み、コスプレ熱唱腐女子...とニノ当惑の連続

印刷

   「ニノさん」(2018年12月2日昼12時45分~・日本テレビ系) 嵐・二宮和也の冠バラエティー番組。今回のテーマは「○○を知らない人」。二宮を知らない人を見つけ出してスタジオに招き、なぜ二宮を知らないのかを探る。

   まずは街頭インタビュー。さすが国民的アイドル、二宮を知っている人は数多い。二宮の名前だけ知っていた野坂さんを発見。青森から上京して2週間だという。実家がトンカツ屋で、小さい頃から店の手伝いをしていたため、テレビを見る習慣がなかったそう。

恋した女性がニノのファン、フラレて以来、二宮が大嫌いに

   12年前にテレビが壊れ、以来見なくなってしまった。余った時間は恋愛に溺れていたという。恋心を告白した女性が二宮を好きで、フラレて以来、二宮のことが嫌いになり、名前だけ記憶していた。ひざを突き合わせ、間近でみた初二宮の感想は「かっこいいですよね」だった。

   現在クラシックの作曲家として活動中の野坂さんは、「ニノさん」という曲を披露した。感動的な告白から、振られて恨みつらみの場面展開で、当時の思いが浮かんだ野坂さんの射るような視線を浴び、二宮はドギマギを隠せず。自分の存在が他人の恋路を邪魔することになり、「おかしいじゃない、何もしてないんだよ」と抗議する一幕も。

   二宮を知らない松永さんは、コスプレが趣味。スタジオにも自慢のコスプレ姿で登場した。6年前に介護士になってからテレビを観ておらず、激務と不規則な勤務体制ですぐ寝てしまうため、二宮の存在を知らなかったようだ。趣味のカラオケのオフ会に参加して、コスプレに目覚め、これまでつぎ込んだのが300万円超。夢はスチームパンクで有名になることで、自分を見て欲しくて出演を快諾したという。

   気持ちよさそうにレミオロメンの「粉雪」を熱唱。意外な美声で朗々と歌い上げる姿に、二宮は「こんなに早くサビを聴きたいと思った歌手はいない」と皮肉たっぷりの感想をもらしたのだった。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中