2019年 12月 7日 (土)

大病院で相次ぐ「がんの見落とし」 診断態勢の不備から助かる命が失われていく

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大きな病院で命にかかわる「がんの見落とし」が続いている。調べると、技術進歩に追いつかない診断態勢の不備があった。

   愛知県にいる女性の父(49)は去年(2017年)1月、鎖骨骨折で入院して上半身のX線写真を撮ったときに、右肺上部に白い影が写っていた。病院は詳しい検査をせず、半年後に咳や胸の痛みで初めてがんとわかった。すでに転移し、手術できない状態だった。病院は「約6か月、診断が遅れた」と認めたが、女性は「手術で除けた可能性がありました。父が一番つらいと思う。あってはならないことです」と話す。

せっかく検査してもCT画像の3分の1しか見ていない

   こうした例は横浜市立大学病院、千葉大学病院、愛知県がんセンター愛知病院など、見落としを公表した医療機関は少なくとも8病院、患者31人に上る。

   千葉大学病院では男女9人のがんを見落とし、2人が死亡していた。中には、CT画像を専門医が見て、がんを発見していたのに、主治医に伝わらなかったケースもある。CTやMRIの検査を受けると、結果は電子カルテに記載される。だが、がんのことが主治医に直接連絡されなかった。「問題意識が共有できず、不備があったという一言につきる」(山本修一院長)という。

   それ以前に、放射線診断医自身が画像を見きれないケースもある。この病院では5人の放射線診断医に対し、CT検査は年間4万件以上、実は3分の1しか確認していなかった。急速な技術進歩で画像数がはねあがっているためだ。

   40年前は4分から5分で2枚程度しか撮影できなかった。今では4秒から5秒で200枚撮れる。全身の撮影もでき、思わぬ臓器で発見の可能性も広がった。ところが、これを診断する専門医が不足してしまった。人口1人あたりのCT数で日本は世界一だが、放射線診断医は対象26か国中最下位という調査がある。「CT大国」なのに専門医不足。新鋭機器と診療態勢とのギャップは深刻だ。

   国立がん研究センターの中山富雄医師は「情報があまりに多くなり、忙しい主治医がこなしきれない」と語る。放射線診断医のリポートも長文になりがちで、主治医に伝わりにくい面があるというが、患者にとってはそれですむ問題ではない。「伝達ミスとは嘆かわしい。命にかかわるケアレスミスは許されません」と中山医師。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中