2018年 12月 10日 (月)

本庶佑・京大教授 ストックホルムの「ノーベル・ウィーク」授賞式は和服で出ます

印刷

   きょう6日(2018年12月)から、本庶佑・京都大特別教授(76)のノーベルウィークが始まった。きのうスウェーデン・ストックホルムに到着し、ノーベル博物館を訪れ1階のカフェで恒例となっている椅子にサインを行った後、ノーベル財団主催の受賞記者会見に臨む。

tv_20181206145757.jpg

   ノーベルレクチャー(講演)などもあり、10日が授賞式と晩餐会だ。本庶教授は「日本で研究してきたから、和服で出るのが一番適切だと思っている」と話している。

   司会の羽鳥慎一「和服ですって」

   高木美保(タレント)「この人のお人柄が分かるようですね。私はやっぱり講演が一番の楽しみです」

   修練を積んだ武士を連想させる本庶教授は和服が似合いそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中