2018年 12月 10日 (月)

南米最高峰に挑戦する86歳・三浦雄一郎―食事とトレーニングがまた凄い

印刷

   南米最高峰のアコンカグア(6962メートル)に挑戦する冒険家の三浦雄一郎さん(86)が、抱負と過酷なトレーニングについて語った。

   司会の加藤浩次「バイタリティーとか、チャレンジ精神とかは、どこから出てくるんですか」

   「あそこへ行きたい、登ってみたいと、それだけです」

21キロのウェートで毎日4キロ、ステーキは800グラム

tv_20181207143559.jpg

   日頃のトレーニングと食事が半端じゃない。片足2キロの重りがついた靴に、さらに足首に1キロの重りをつける。つまり片足3キロに、15キロのリュックを背負って、ほぼ毎日4キロを1時間半で歩く。60代から続けている「攻めの健康法」だという。

   歩いた後は食べる。これは月に2、3回だというが、800グラムのブロックステーキは、見ただけでウエッとなりそうな分量だ。他に、高度順応のための減圧室があって、高度4000メートルの気圧になっている。ここで、30分を過ごして、外へ出て運動。これを日に2セット。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中