2019年 10月 18日 (金)

2ヶ月経ってもダメな有働由美子ニュース。外部のつまらんコメントマンより局報道マンを活用せよ
<news zero>(日本テレビ系)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   丸2ヶ月が過ぎた有働由美子をつくづく見てみたが、彼女を大金出して据えた意味が未だに全く分からない。以前のように彼女のトークは減らしてニュース中心にはなったが、この夜のラインナップは(1)東京で25度という季節外れの暑さ。(2)は赤木春恵の告別式。(3)は山手線の新駅、「高輪ゲートウェイ駅」の命名について。(4)はイノシシが女性の指を噛み切った。(5)はテルカルチャーと題して大学での早弁テクニックのビデオ画像。SNSでの話題。etc.

   全くこの番組スタッフたちの頭はどうかしている。季節外れの暑さはいいとして、今一番伝えなければならないニュースは、パリの暴動化した値上げ反対デモであり、地球温暖化の危機を論ずる国際会議関連であり、辺野古問題であり、外国人実習生に関する国会議論である。赤木春恵の葬式などワイドショーでやればいいのだ。

   また、筑波大のセンセイ(落合陽一)がアーティストか何か知らないが、ブスッとしてエラソーにくだらないコメントをする。こんな人は要らない。有働が真横を向いて「ご意見拝聴」する価値もない程度である。局の記者の話の方がマシ。夜11時ともなれば、大抵の人が7時や9時のNHKニュースかテレビ朝日の「報道ステーション」を既にみているだろう。つまらん外部のコメントマンなどやめて、この日の報道価値あるテーマを出来るだけ多く羅列して見せてほしいのだ。その捌きを有働と局アナと報道マンがやればいい。(放送2018年12月4日23時~)

(黄蘭)

採点:0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中