2019年 11月 14日 (木)

フィギュア女子、16歳紀平梨花が完勝! 女王の座を奪われたザギトワは会見で...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   9日(2018年12月)、カナダ・バンクーバーで行われたフィギュアGPファイナルの女子フリーで、16歳の紀平梨花選手が初出場初優勝の快挙を成し遂げた。しかも、平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(16)を抑えての栄冠だ。

記者の質問に回答を拒否したザギトワ

tv_20181210115449.jpg

   16歳対決の結末には世界が注目。会見で紀平についての質問が相次ぐと、ザギトワの表情に異変が。場の空気が変わった。

   「紀平選手のような強いライバルがいることにどう思いますか?」と記者が聞くと、ザギトワは「答えなくていいですか?」とこわばった顔で回答を拒否した。

   ザギトワの敗北に地元メディアでは「ザギトワはもう女王ではない」(Life.ru)、「ザギトワ敗北 日本の新しいスターを前に万事休す」(スポーツRU)と厳しい声が上がっている。2週間前にザギトワにインタビュー取材をしたロシア人記者は「国民はみんな落胆している。国民にとっては彼女がナンバー1であることが当たり前になっている」と話した。

   「たくさんの期待があり、神経質になっている」と会見で語ったザギトワ。オリンピック女王の宿命、「重圧」に苦しんでいることを明かした。

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中