2019年 6月 16日 (日)

書評家・風野春樹が「初めて見た」衝撃の一節 「ビッグバンに感謝」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   風のハルキゲニアこと、精神科医で書評家の風野春樹が8日(2018年12月)にツイッターを更新し、ある書籍に掲載された「謝辞」の一節の画像を公開した。

   その謝辞は、

「まず始めに、ビッグバンに感謝の意を表したい」

という書き出しで始まっている。

   これには風野も

「そこまでさかのぼった謝辞は初めて見たよ」

と、意表を突かれたようだ。

   ツイートを見たユーザーからは、

「一種のバタフライ効果的な考え方ですかね」
「私達がこうしてTwitterが出来ることもビッグバンのおかげですね。人類を代表して謝辞いたします。ありがとうございます。
「ビックバンに感謝する書籍は初めて見ますねぇ...」

などのリプライが寄せられている。

   風野によると、この謝辞が掲載されている書籍は、ヘンリー・T. グリーリー著、石井哲也訳『人がセックスをやめるとき: 生殖の将来を考える』(東京化学同人)とのことである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中