2020年 11月 29日 (日)

<あなたには渡さない>(テレビ朝日系)
木村佳乃と水野美紀じゃドロドロ愛憎劇は無理!どす黒い女の嫉妬なく優等生のケンカみたい

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   料亭「花ずみ」の御曹司で、板長を務める旬平(萩原聖人)と20年間連れ添った妻、通子(木村佳乃)、そこへ現れた酒造会社社長で旬平の愛人、矢萩多衣(水野美紀)の3人が、毎回修羅を繰り広げる。深夜枠らしい大人のどろどろドラマである。

   多衣が通子に向かって、「ご主人をいただきにまいりました」と宣戦布告してお話は始まった。ここに通子に思いを寄せる建設会社社長の笠井芯太郎(田中哲司)が絡み、いよいよ入り乱れ、四角関係に発展していく。

   原作は連城三紀彦「隠れ菊」で、これまで2度テレビドラマ化された。

6000万円で夫を愛人に売却?

   通子と旬平は離婚し、旬平は多衣と再婚するが、通子は経営の傾いた「花ずみ」を立て直すため、多衣から6000万円の「融資」を受けて女将に収まる。その下で働く旬平。旬平は6000万円で多衣に売られたのか。離婚は6000万円を手に入れるために、通子と旬平が仕組んだ偽装なのか。ドラマはサスペンスの要素をはらんでいく。

   そして、通子、多衣、旬平の3人は「花ずみ」の立て直しに協力し合うのだが、奪われた女、奪った女がモヤモヤを抱えバチバチ火花を散らす。

   それにしても、木村佳乃も水野美紀も、男を取り合う女のどす黒い嫉妬、いやらしさがまるで感じられない。さっぱり清潔な印象で、なんだか優等生のクラスの1番争いのケンカのよう。

   ナレーションやモノローグはおどろおどろしい言葉が並ぶが、いまいちピンとこなくて空回り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中