2019年 5月 26日 (日)

登美丘高ダンス部の新作「HOT LIMIT」西川貴教そっくりの38人が一糸乱れぬパフォーマンス

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   「ダンシング・ヒーロー」のバブリーダンスで一世を風靡した大阪の登美丘高校のダンス部が、新たなダンス動画を公開した。新作ダンスは「T.M.Revolution」の西川貴教のヒット曲「HOT LIMIT」だ。衣装や髪型も西川そっくりの38人が、校内や屋外で一糸乱れぬダンスを披露している。

   おととい10日(2018年12月)に公開され、すでに再生回数が400万回以上という人気である。「全員、西川さんに見えてくる」「何回見ても飽きない」とすっかり話題で、西川貴教もツイッターで「20年経ってもこんな風に楽しんでもらえるなんて凄いうれしいです」と書き込んでいる。

tv_20181212125003.jpg

衣装は100円ショップで買ってきた材料で手作り

 

   選曲したのはコーチでプロの振付師でもあるakaneさんだ。毎年9月の自主公演の曲を決める時に提案した。「90年代の音楽でやりたいなと。大好きなので」。全員で何度もミュージックビデオを見て研究したという。

 

   Akaneさんは2012年からコーチを務めている。3年前から動画をネットで公開するようになった。「踊る自分たちはもちろん、見る人も楽しませるのがダンスだ」をモットーに、振り付けや撮影、ビデオの編集までをすべて手掛ける。

 

   高校の部活のため予算は限られている。このため、衣装は手作り。100円ショップの布や粘着テープで黒いラインを表現した。akaneさんは私物の電動ボードに乗りながら撮影した。

部員全員で踊りたかったんだけど、カツラ足りなかった

   動画で踊っている部員は、約90人から選抜した。「本当はもっと大人数でやりたかったんですけど、カツラの在庫が38個しかなかったので」とakaneさんは明かす。

   司会の加藤浩次「大人たちにとってみたら懐かしいけど、子どもたちにとっては新しいと感じるんでしょうね」

   大沢あかね(タレント)「毎回、目の付けどころが本当にいいですよね。見ていると、踊れないんだけど踊りたくなります」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中