2019年 11月 19日 (火)

九州場所初優勝の貴景勝が母校・埼玉栄高校に凱旋パレード 恩師と校訓の言葉がスゴすぎる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大相撲九州場所で初優勝した小結貴景勝(22)の優勝パレードがきのう17日(2018年12月)、母校埼玉栄高校があるさいたま市で行われた。土俵ではニコリともしないが、この日ばかりはオープンカーから照れながら表情を緩め、手を振っていた。

   高校体育館では羽織袴姿で堂々と登場し、「相撲部の山田(道紀)先生に3年間指導していただきました。一番印象に残ったのは『一寸先は闇』という言葉でした。これを忘れず、優勝しても調子に乗らず、一生懸命稽古していきます」と語った。

恩師の言葉は「一寸先は闇」、校訓は「今日学べ」

tv_20181218130237.jpg

   会見では、ふだんとは違う滑らかな口振りだった。相撲リポーターの横野レイコに「高校時代の得意科目と苦手科目は?」と聞かれると「日本史は好きでした。苦手は英語...日本史以外です」。

   相撲部の後輩たちには米500キロを贈った。母校については「自分の原点なので、精神面や私生活を作ってくれた場所でした」と話す。

   埼玉栄高校の校訓は「今日学べ」だそうで、「勉強も仕事も明日に残さない。今日のことは今日やる」という意味だ。九州場所では母校から贈られた「今日学べ」と書かれた化粧まわしを一度も交換せず15日間使い続けた。

   若狭勝(弁護士)「『今日学べ』は耳が痛いですね」

   ニュースデスクの笠井信輔「『一寸先は闇』、これもやっぱり部屋がなくなったり、相撲界でもいろんなことがありますから、警戒しなければなりませんね」

   キャスターの伊藤利尋「高校で『一寸先は闇』と学んだとは。いろんな経緯がありましたからね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中