2020年 11月 30日 (月)

1錠飲めばインフルエンザに効く!新治療薬「ゾフルーザ」患者の6割が処方希望

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   インフルエンザの流行シーズンに入った。今月9日(2018年12月)までの1週間で、患者数は全国で8438人、1医療機関あたり1.7人となり、全国の577の学校で学級閉鎖になっている。

 

   インフルエンザワクチンは11月中旬から下旬にかけて、各医療機関で足りない状態が続いていたが、来週には解消する見通しだという。東京都世田谷区のしまだクリニックの島田知則院長は、「うちでも2週間ほど予防接種を中止していました。今は1日30~50人の人が来るようになってきています」と話す。

   司会の加藤浩次「僕もずっと、ないと言われていて、受けられなかったんですよ」

tv_20181219123143.jpg

流行ピークはこれから・・・まずは予防接種を

 

   今年、注目されているのが新薬のゾフルーザだ。これまでのタミフルやリレンザは1日2回、5日間のみ続けるか吸引しなければならなかったが、ゾフルーザは1回のむだけで効果があるという。

   解熱するまでの時間は変わらないが、ゾフルーザはウイルスの排泄時間が短いため、周囲に移しにくい利点もある。今年3月に発売され、すでにインフルエンザ治療薬の売り上げの65%を占めている。

 

   インフルエンザと診断された24歳の女性は「こんな薬があるんだとびっくりしました。早く治ってくれたらありがたいですね」と話していた。

   池袋大谷クリニックの大谷義夫院長「私の患者さんでも、ゾフルーザを選ぶ人が増えていますが、インフルエンザの流行のピークは1月~3月。今からでも間に合うので、まずは予防接種を受けてください」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中