2019年 12月 8日 (日)

アルバイト学生ら悲鳴!「クリスマス商品自腹買い取りノルマ」高額ホールケーキ2個も・・・

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   クリスマス商戦でケーキやチキンなどの買い取りノルマを課せられた店員の悲鳴が相次いでいる。達成できないと自腹での購入を強要される。毎年問題になるが、今年もSNS上では「普通に働いて、ノルマのケーキ買って帰ったよ」「ノルマで2個、ホールケーキを買わされた」「ホールケーキを胃もたれしながら食べる最悪な1日」といった書き込みが多数見られる。

   アルバイトの女子学生は「チラシ配って、友だちに聞くなどして、10個は売りなさいというノルマでした。売れなかったら1個は定価で買いなさいと言われました」と話す。

   チキンの買い取りを求められたというアルバイトの女性は、「余ったやつは買ってと言われ、みんなで買って食べました」という。クリスマス雑貨の販売ノルマを課せられた友人から、「買ってくれ」と助けを求められたという男性もいた。

ブラックバイトユニオンにも相談殺到

tv_20181226122907.jpg

   ブラックバイトユニオン(渡辺寛人代表)には年間約1000件の相談が寄せられているが、そのうち1割が買い取りノルマに関するものだという。渡辺代表はこう話す。

   「ケーキは高いものだと3000円、4000円します。それを1つ2つ買うと、1日のアルバイト代の半分がケーキ代に消えてしまうという人もいます」「店舗ごとに過度な売り上げを競争させ、そこに学生アルバイトや主婦パートを巻き込んでいくという状況が、自腹の買い取り問題を生んでいます。みんなが買うので自分だけ買わないのは気まずい、という場の空気もあります」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中