2019年 10月 16日 (水)

「紅白歌合戦」平成最後の最後は賑やかにサザンで大ジメ!トップバッターは「三代目 J Soul Brothers」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHKはきょう27日(2018年12月)に、紅白歌合戦の歌手・曲順を発表した。紅組のトリは石川さゆりの「天城越え」、白組の嵐が大トリで「スペシャルメドレー」を披露する。

   ただ、平成最後の紅白はこれで終わりではない。合戦が終わった後の最後の最後に、サザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」「希望の轍」で盛り上げるという演出だ。大トリの後の特別出演だから、何といえばいいのか。大ジメとでもいうのだろうか。

   トップバッターは「三代目 J Soul Brothers」で、すぐ後が坂本冬美。そのあとも若手のポップス・アイドル系とベテランの演歌が交互に出場する。かつては前半は若い視聴者向け、後半は年配者向けだったが、ごった煮風の新演出だ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中