2019年 10月 18日 (金)

TBSと「としまえん」平謝り―番組イベントで深夜に視聴者殺到!騒音や渋滞で警察出動

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ライバル局の失敗は楽しいというわけか、26日(2018年12月)に放送されたTBS系「水曜日のダウンタウンSP」を見た視聴者が、深夜に東京・練馬区の遊園地「としまえん」に殺到して、警察が出動した騒ぎを、「とくダネ!」も大きく取り上げた。

   お笑い芸人のクロちゃん(安田大サーカス)が罰ゲームで「としまえん」内の檻に閉じ込められ、これを無料で一般公開すると発表したため、大勢の人が押し寄せた。周辺道路は渋滞、近隣住民は騒音や帰宅の足を止められるなど大迷惑、罵声が飛び交い、「トイレだけ貸してくれ」という人で営業ができなくなる飲食店もでた。

   としまえん入り口付近では中に入れないため、自販機の上に上るなど、一部暴徒化して、警察が出動するほどの大騒ぎとなった。番組がツイッター無料公開を中止すると発表しても、見物人がなだれ込んでいく。

人任せにしていた警備」

tv_20181228121258.jpg

   としまえんは警備はTBSに任せていたといい、「こんなに多くの方がいらっしゃるとは予想してなかった。近隣の方にご迷惑をかけ申し訳ない」とコメントした。TBSは「関係各所と緊密に連携をとり、事前準備に万全を期すなど再発防止策を検討中」と謝罪した。

   伊藤利尋キャスターは「一番の想定外は、クロちゃんがここまで国民的スターだったということ」と意地悪なツッコミを入れるが、中瀬ゆかり(「新潮社」)出版部長は「番組の企画、クロちゃん、無料公開というのがSNSで拡散したが、計算が甘かった」、山田秀雄(弁護士)も「人気番組が無料でイベントをしたら、人が集まることは予測できますよ。リスク管理が甘かった。大事故が起きなかったのは不幸中の幸いです」

   年越しイベントで同じような大混乱が起きないといいが。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中