2019年 1月 21日 (月)

「科捜研の女」春から1年ぶっ通し放送!主演の沢口靖子「フルマラソンの感覚です」

印刷

   テレビ朝日系の人気ドラマ「科捜研の女」(木曜よる8時)は、春クールの4月(2019年)から来年3月までの1年間通しの放送になると、きのう3日(2019年1月)の「正月スペシャル」のエンディングで発表された。

   テレ朝の開局60周年と番組スタート20周年が重なることから、記念企画となった。主人公の榊マリコ役の沢口靖子は「四季を通して、みなさまとともに木曜日の夜を過ごすことになりました。心境としてはフルマラソンにチャレンジする、というところでしょうか。どうぞ、楽しみにしていてください」と語った。

高視聴率に支えられ20年

   「科捜研の女」は京都府警科学捜査研究所の研究員・榊マリコや捜査員らが、DNA鑑定や画像解析などで事件を解明していく。刑事が犯人を追いかけるドラマばかりだったときに、科学捜査という新しい警察ものとして高い評価を得て、12%前後~14%台の視聴率をコンスタントに稼ぎ出す。

   昨年秋クール(2018年)でseason18だが、season11以降は秋・冬の2クールの放送もある。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中